東和会グループ 社会福祉法人 恭生会
社会医療法人東和会

第一東和会病院

交通アクセス 最新情報 Pick Up!
病院のご案内 ご来院の方へ 診療科・部門 健診センター 医療関係の方へ 採用情報

トピックス

TOP トピックス 女性泌尿器科 レーザー治療について
女性泌尿器科 レーザー治療について

当院の女性泌尿器科で手術を検討されている患者さまのお声をもとに、今般、『インティマレーザー』を導入致しました。現在、医療用レーザーが開発され、各分野での治療に応用されています。近年の内視鏡やレーザー機器の進歩により、選択される症例が増えております。

こんな悩みはありませんか?

年齢を重ねると現れる、女性特有の「膣のゆるみ」や「尿漏れ」「黒ずみ」といったデリケートなお悩み。「尿漏れ」では、せきやくしゃみをしたときに、腹圧で尿が漏れる病気を「腹圧性尿失禁」と言います。出産・閉経・体重増加などによる骨盤底筋のゆるみが原因で起こります。相談しづらく一人で悩みを抱えている方は少なくありません。

  • 尿漏れ(腹圧性・混合性尿失禁)
  • 膣のかゆみ・性交痛・頻尿(GSM)
  • 膣の緩み(膣弛緩症)
  • 黒ずみ(外陰部色素沈着)

GSM(閉経後泌尿生殖器症候群)とは

GSM(Genitourinary Syndrome Menopause)とは、2014年に国際女性性機能学会と米国更年期学会において提唱された閉経後の女性ホルモン低下に伴う、外陰部・膣の萎縮変化およびそれに伴う身体症状です。日本ではまだ聞き慣れない言葉かもしれません。膣や外性器など陰部の痛み、性交痛、頻尿、尿漏れなどの悩ましい不快な症状が続き、日常生活の質(Quality of Life)の低下をきたします。

女性泌尿器科 レーザー施術概要

内容 膣と尿道にレーザーを照射することで組織を再生。再生後は膣の厚みが増し、膣全体が引き締まります。効果は尿漏れの改善、潤いが生まれます。
施術時間 20分~30分程度。全身麻酔の必要もなく、日帰り施術が可能。
痛み ほとんど無し(数時間程度ヒリヒリする場合、熱感を伴う場合があります。)
ダウンタイム   約3日間程度。
入浴 当日はシャワー推奨。翌日から入浴も可。
治療回数 数回程度。継続治療を推奨。重症例は効果が期待できない場合もあります。先ずは医師にご相談ください。
当院でも手術症例が増えつつあります。お悩みの方、先ずはご相談ください。

当院における標準的な施術単価例(税込)

GMS治療1回目 50,000円~78,650円
GMS治療2回目以降 66,000円~78,650円 
尿失禁治療1回につき 77,000円~88,000円
※本施術は保険適用外(自由診療)です。

※重症例では効果が期待できない場合がございます。詳しくは外来でご相談ください。

Fotona社 インティマレーザー

加齢やホルモンの低下に伴う下半身の悩みを改善するレーザーです。レーザーによるコラーゲン新生効果で老化した膣内をふっくらと改善し潤いをもたらし、尿漏れや膣のゆるみ、膣表面の変化に伴う性交痛など、手術なし、日帰りでの施術が可能です。黒ずみも皮膚表面へのレーザー照射で改善が可能となります。妊娠希望の若い女性から、高齢の方まで幅広く受けることができる治療です。